Parfum Satori

2011年3月アーカイブ

シダレザクラ 枝垂れ桜 新宿御苑

110331しだれ桜4.jpg

枝垂れ桜は、ソメイヨシノより後に咲くような気がしていたが、新宿御苑のシダレザクラはもう満開。

おばけ

110330影法師.jpg 

おばけは怖い。なぜかというと、よくわからないからだ

夜明け

110328夜明け.jpg

 

たとえば車内から景色を見ていると、近くのものほど早く流れ去っていく。

The Dawn

110328夜明け.jpg

 

The Dawn

  

Looking out the car window, close sceneries moving fast

 

"Poison" by Dior    Perfumes and novels-3

110208ポワゾン.jpg

There are several interesting perfume selections in modern literature as well.

"JOY (Jean Patou)" in Yukio Mishima's "La Vertu chancelante".

110206美徳のよろめき.jpg

Recently, perfume has even helped build a movie character.


Some famous perfumes also appear in Japanese classical literature.


In "Sanshiro" (by Soseki Natsume - 1908) the heroine Miyako wears the famous perfume "Heliotrope". The role of perfume is not so important still, only faintly expressing heart intricacies between men and women (even though it was daring enough at that time).

It is only expressing her romantic inward emotions towards him, and not expecting or wanted something from him.

Heliotrope is also known to be one of the first perfumes which came to Japan. When we consider such backgrounds of the period this book was published, it is true that there certainly were not much perfume choices at that time.


However, Miyako's whispers "stray sheep, stray sheep", which symbolizes their relationship surely has a connection with the perfume name "Heliotrope".

Therefore, maybe it had to be this perfume.


50 years later, in 1957, appears the perfume "JOY (Jean Patou)" in Yukio Mishima's "Bitoku no Yoromeki(La vertu chancelante)".

JOY is a perfume with a gorgeous image, made with luxurious ingredients, so called the Rolls Royce in the perfumery world. The heroine Setsuko was wearing this perfume.


This perfume appears when Setsuko prepares herself with extra care to go on her first date.


Assuming the period this novel was written, perfume was still a very special luxurious item. But it is certain that he has selected between the few choices the most appropriate one for his main character.

It is true that "JOY" is perfect for a gracious upper-class woman like Setsuko. 


Chanel is not appropriate for her. She is a different type of woman. Setsuko does not have any wit, she is simply elegant and it is only natural that Jean Patou's "JOY" was selected in order to make her stand out in the novel.

Mishima explains in his novel. "In today's world, not having an ambition is being elegant, therefore Setsuko was elegant. Being elegant is the equivalent of being beautiful. Men dream more about the elegant woman not so beautiful, than a beautiful woman of a row house in the back alley." (From "Bitoku no yoromeki" pg. 6)


Mishima's novels are read once, but rarely read twice. 

The beautiful expressions are studded like jewels in the chapters but they are so aesthetic and filled with decadence that the mental health seems to be eroded.

A poisonous flower of an exceptionally beautiful fragrance.


 


"Rebecca (by Du Maurier )" Perfumes and novels-1

110211レベッカ.jpg

Perfumes do not appear in many novels.

 

中谷宇吉郎随筆集 硝子を破る者

110325雪.jpg

雪の研究で知られる中谷宇吉郎博士の随筆集から、樋口敬二氏が編集した岩波文庫の一冊である。

ミニ・シクラメン CYCLAMEN

110324シクラメン2.jpg

 

12月の初めからすでに4カ月、ミニ・シクラメンががんばって咲き続けている。

 

「祈り」 ハクモクレンの白い花 

110322コブシ1.jpg

 

ハクモクレンの白い花が、空に高く咲いている。

 

Trésor 1953 ランコム トレゾワ

| コメント(3)

トレゾワアンティーク.jpg

ランコムのトレゾワ(Trésoir) 宝物と言う名の香水 1953年

 

シュゼンジカンザクラ 修善寺寒桜 新宿御苑

110321シュゼンジカンザクラ1.jpg

2011年3月20日、新宿御苑 シュゼンジカンザクラ。

たんぽぽ 蒲公英 新宿御苑

110320タンポポ.jpg

なかなか来てくれないから、新宿御苑に、春を探しに行った。
たんぽぽ。

ユキヤナギ 

110320ユキヤナギ.jpg

ベランダのユキヤナギがポチっと咲いた。

本田宗一郎一日一話

110319本田宗一郎一日一話.jpg

ホンダの創始者である本田宗一郎氏の言葉が、一日一話ずつ、全366話の短いエッセイになっている。

ハッピーバースディ

  110318バースデイケーキ2.jpg

今日はバイト君の21回目の誕生日である。

ジョウビタキ 雄

110310ジョウビタキ.jpg

男は背中で語るもんだぜ。 

ミモザ アカシア

110316ミモザ.jpg

明るい黄色の、ミモザ アカシアが咲いているのを見つけた。

椿 万葉集

110314椿.jpg

万葉集には、椿を詠んだ歌が9首ある。
長歌には素敵なものが多い。

ありがとうございます

110314カンザクラ.jpg

いつもご愛読ありがとうございます。
また、お見舞い重ねてお礼申し上げます。

皆さまにつながる方々のご無事を心からお祈りしています。

今日のお花 クロユリ 黒百合

110311クロユリ.jpg

クロユリ(黒百合)を今日は活けてみた。

何の車でしょう?ロータス・ヨーロッパ LOTUS

| コメント(2)

 110309ロータス3.jpg

さとり「何でしょうシリーズ、ロータス・ヨーロッパ!」

よいち「いきなりタイトルに答えが書いてあったりして、何の車でしょう?じゃぁないでしょう」

 

 

チューリップ

| コメント(2)

110308チューリップ.jpg

いきなりなんだけど、チューリップは高い。

可愛い桐の箱、何の箱?

110307七味入れ1.jpg

藤の花の絵柄の可愛い桐箱、何のための箱だ?

Kooza クーザ シルク・ド・ソレイユ

110306kooza2.jpg

たまたま切符が2枚手に入ったので、休日の午後L子ちゃんと二人、シルク・ド・ソレイユの「クーザKOOZA」を見に行ってきた。

 

梅、ただいま見ごろ、新宿御苑

110305梅2.jpg 

新宿御苑の梅は、満開の一歩手前で今が見ごろ。

冬と春の間に 新宿御苑の福寿草

110304福寿草2.jpg

今朝はとりわけ冬のようだったが、新宿御苑の春の陽だまりで、福寿草を見つけた。

オブセッション Obsession1985

110303オブセッション.jpg 

 

オブセッション(カルバンクライン)、妄想と言う名の香水。1985。

エスケープ カルバンクライン 1991

 

カルバンクラインのエスケープ、1991年。

ニューウエスト アラミス  1990

110301ニューウエスト.jpg

「ニュー・ウエスト」アラミス1990年。
マリンノートをコンセプションした初めての香水。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ