Parfum Satori

海苔と帆立とジメチルスルフィド(Dimethylsulfide)

110225のり.jpg

ジメチルスルフィド(ジメチルサルファイド、Dimethylsulfide)という香料は、海苔の佃煮のにおいがする。

一度「この香りは江戸むらさき特急だ」というイメージがついてしまうと、どうしてもそうとしか思えない。

しかし外国には海苔の佃煮がないので、海外のパフューマーは、この匂いはジャムの香りだと言う。

キャベツの腐った臭いだと表現する文献もある。

 

先日、コンパウンダー(調香アシスタント)のM子さんがちょうどこの香料を使っていた。

 

そばにいた私は、漂う匂いについ不謹慎にも
『あー、海苔塩ポテトチップが食べたいな―』などと連想していたら、 
M子さんは「これって、帆立貝柱の水煮缶の汁のにおいですよね」という。

 

「これは海苔の佃煮のにおい」と記憶に刷り込まれていたので、やや意外に感じながら、ジメチルスルファイドをムエット(試香紙)につけてあらためて嗅いでみた。

なるほど、そういわれれば、ホタテガイの水煮缶のニオイがする。


二人で、なぜだろう?と考えてみた。

M子さんは「もしかして、帆立貝は海苔を食べているのでは!?」というので
早速ネットで調べてみると確かに帆立貝は海藻を食べている!

 

しかし、缶づめになる前の帆立貝はこのにおいぢゃない。
謎は深まるばかり・・・。というほど深刻な問題じゃないが。


 

110225ホタテ.jpg

 

一方、ゼラニウムのトップノートにもある特徴的な成分だ。
「ジメチルスルフィド」を単独で嗅いだ後、ゼラニウムオイルを嗅ぐとそのありかがわかる。

 

帆立とゼラニウムの関係はない。
しかし
ジャムの代わりに、江戸むらさき特急をトーストにのせてもうまいらしい。

香りの世界は複雑で面白いものだ。

▶ パルファンサトリ香水「さくら」

▶ パルファンサトリ香水「夜の梅」 

 

   

 

 

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

  「 レフィル」のご紹介 

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ