Parfum Satori

群れ咲く水仙 新宿御苑

| コメント(2)

110104日本水仙.jpg

年明け今日から新宿御苑が開園なので、水仙を見に行った。

というか、行ったらたまたま水仙がたくさん咲いていたのだけれど。

 

紅葉はとっくに終わり、梅も、桜もまだまだ先。
冬の時期の新宿御苑は、人が少なくてとっても落ち着くし、大好き。

正月の運動不足も、休みのストレスも、ひろびろした園で植物に囲まれてすっきり気分だ。

華やかな季節ではないけれど、早咲きのカンザクラはきれいだし、びわなんかの冬の花も咲いている。気の早い梅も一輪ふくらんでいたり、発見することが楽しい。 

気温は冬真っ盛りだけど、春を待って木の目が充実しているのがわかると、本当に期待に胸がふくらむ。

 

110104日本水仙3.jpg

 

まだ、寒そうな裸の枝の下、落ち葉をわけて清楚な白い水仙の群れがあっちにも、こっちにも。
強い香りが漂ってくる。

 

最初の写真、中央の花弁(副冠)が黄色いのは日本水仙。
でも、地中海原産らしい。中国を経て、日本へ渡来した。
まだ、そんなに沢山は咲いていない。

 

近寄って香りを吸う。

日本水仙のほうが、爽やかなフローラルで、甘くフルーティが強い。
本には香気成分はリナロール、ベンズアルデヒド、オイゲノール、シンナミックアルデヒドなどがあげられているが、実際にかいだ時の印象はベンジルアセテートのような甘さを感じる。

 

ほとんどを埋め尽くす白い水仙は、ペーパーホワイト。
こちらの匂いは甘さが少なくて、もっとグリーン・アニマルが強い。
インドールやクレゾール的な感じ。

 

花を見て、風に乗ってくる香りなので良いように思うが、
部屋にこの匂いが濃密にたちこめたら、頭が痛くなってしまうだろう。

 

 

110104水仙群.jpg

ギリシャ神話のナルシスのように、水仙は水辺にももちろんふさわしいけれど、
花の少ない時期に、冬木立の下草として咲いているのを見ると、心がぱあっと明るくなる。

 

▶ 花事典 ヒガンバナ科のスイセン属(Narcissus tazetta var. chinensis)

 

▶ ギリシャ神話のナルシス  2010/1/29 新宿御苑の水仙

 

 

▶ 早朝の冷気を割って香る凛とした梅と本当に同じ木なのでしょうか。春の夜のぬくいに妖しく匂うこの花は、日ごと夜毎に表情を変えて過ぎゆく人の心を乱します。パルファンサトリ香水「夜の梅」 

 

▶ イタリア産のレモン・ベルガモット・マンダリンのシトラスを中心に、ラベンダー、ローズマリーなど、地中海沿岸地方原産のハーブをすっきりとあわせました。嫌みのないさわやかな香りです。奥さまやお嬢様など、女性の勧めでつけ始める方も。マザーロード66オードパルファン

 

 

 

コメント(2)

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

水仙は寂しい冬のお庭に咲いてくれる貴重なお花ですよね。
それに田舎では鹿の被害にあわないので(毒があるから?)なおよしです。

また、近いうちにお店にもお邪魔しますね♪
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げますm(__)m

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ