Parfum Satori

2011年1月アーカイブ

浅草仲見世 あげまんぢゅう「金龍山」

11013あげまんじゅう1.jpg

浅草、浅草寺仲見世にある あげまんぢゅう「金龍山」。

 

 

えんどうまめの花 豌豆

110131エンドウ豆.jpg

えんどうまめ(豌豆)の花が落ちて、きぬさやができていた!

自宅庭・・の気分 新宿御苑

110129御苑の庭.jpg

ここは自宅の私のお庭・・・という設定で新宿御苑を歩いてみる。

とにかくこんなに寒い朝は、人にほとんど会わないのでまるまる一人占めだ。

たびたび、梅の香り。新宿御苑

110128紅梅1.jpg

つい梅の香りが気になって、たびたび梅林を訪れてしまう。

 

シモバシラ(霜柱)という名の植物

110127シモバシラ1.jpg

「新宿御苑に、シモバシラ(霜柱)という植物がある」と知ったのは、今年になってからだ。

よいこの迷子札

110126迷子札3.jpg

おおー、迷子になってもだれかに連れて帰ってもらえるように、首から下げていた札だ。

江戸古地図で見る池波正太郎の世界

110125江戸小地図.jpg

小さい頃からの時代劇ファン、昔からずっと江戸古地図が欲しいと思っていたところ、銀座の本屋で「池波正太郎の世界」という地図を見つけた。

錦魚葉椿(キンギョバツバキ)新宿御苑

110124金魚葉椿.jpg 

錦魚葉椿(キンギョバツバキ)という名の木を見つけた。金魚の形の椿?

木瓜 ボケ 新宿御苑の花

110122ボケ.jpg 

木になる実が瓜ににているから木瓜→モケで、ボケなんだって。
ちょっと可哀そうだ。

学びと成長

110121大きな木.jpg

人は学ぶことによって成長していく。

木賊 トクサ 

110119木賊.jpg

木賊(トクサ)って、面白い植物だ。

 

 

冬のバラ 木守(きまもり)

110119バラ3.jpg

 

木守(きまもり)のように、こんな寒い中にも、まだ花をつけている冬のバラがある。
情熱的な赤、リリーマルレーンというバラ。

 

 

タラの芽 ふきのとう 春の山菜

110118タラノメ.jpg

さとり「わあー、タラの芽とふきのとう!春の山菜がもう天ぷらでいただけるなんて♪」

よいち「さとりさまは、ついこないだ、『忍耐強く我慢をして、来るべきその日を待つのが日本人だ』って偉そうなこと言ってましたよね~」

 

大正会夜話 帯谷瑛之助

| コメント(2)

110117大正会夜話.jpg 

 

とってもレアでコアな本「大正会夜話」は、大正生まれの会のその綺羅星のようなメンバーの魅力をひとりづつ語った、今でいうエッセイである。著者は自らも会員の帯谷瑛之助氏。

 

茶道裏千家 お家元 初釜2011

110116裏千家初釜庭.jpg

そして昨日に続いて、今日16日は市谷加賀町の裏千家お家元の初釜に席入りさせていただいた。

遠州流ご宗家 初釜 2011

110115遠州流初釜.jpg

今年も茶道遠州流ご宗家(お家元)の初釜に伺わせていただいた。

梅の開くを数えて・・・。新宿御苑

110115梅.jpg

新宿御苑に行けば梅林に通い、梅のつぼみが開いているのを数える。

ガマの穂 冬枯れの新宿御苑

110114ガマ.jpg

枯れたガマの穂が寂しい、新宿御苑の冬景色。

甘い豆の花 スイートピーの花束

110112スイトピー2.jpg

スイトピーは、スイートなピー、つまり甘い豆の花。大きな花束をいただいたの。

和名の麝香豌豆(じゃこうえんどう)も、いい匂いのエンドウマメの花と言う意味。

 

ピエール・エルメの新作ケーキ パティシエ

| コメント(2)

110111エルメのケーキ.jpg 

ピエール・エルメのパティシエの方が時々遊びに来て、新作のケーキを持ってきてくれる。

何でも信じるお姫様 続編

110111何でも信じるお姫様.jpg

昨年書いた、「何でも信じるお姫様」というブログを読んだ知人から、この話の全文が載ったサイトを教えてもらった。

明治神宮 

110110明治神宮.jpg

新宿御苑に行ったり、明治神宮に行ったり、アトリエから近いので、せっせと通っている。

うふプリン

| コメント(1)

110109うふプリン1.jpg

うふプリン、卵のことをフランス語でoeuf(oeの文字は変換できない)、ウフというの。
うふ♡プリン。

 

ロウバイ(蝋梅)の香り 新宿御苑の花

110105ろうばい.jpg

新宿御苑、ロウバイ(蝋梅)の花は冷たい空気に乗ってクリアに香る。

 

 

びわの花の香 新宿御苑

| コメント(2)

  110106びわ2.jpg

新宿御苑には、りっぱな枇杷(びわ)の木が何本もあって、ちょうど花が香っていた。

群れ咲く水仙 新宿御苑

| コメント(2)

110104日本水仙.jpg

年明け今日から新宿御苑が開園なので、水仙を見に行った。

梅一輪ずつの暖かさ 2011年ブログ目次 ご案内

  100103梅.jpg 

「梅一輪 一輪ずつの暖かさ」

新しい年を迎え、早くも春が待たれるこのごろ、今年も香りのアトリエへようこそ。
御訪問ありがとうございます。

銀座 京橋 2011元旦

110102銀座1.jpg

銀座も元旦は人も車も少なくて、静かだなー。
ここはテアトル東京の前。

(うーん、今はル・テアトル銀座なんだった。年がわかる・・・)

謹賀新年  リキダマツ 松

101231リキダマツ.jpg

謹賀新年  
今年もよろしくお願いします。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ