Parfum Satori

2010年9月アーカイブ

羽根の禿(はねのかむろ)ー日本舞踊②

100929羽根のかむろ.jpg


「羽根の禿」という演目で、振り付けはすっぱりと忘れてしまった。



だいたい、「禿」(はげではない。かむろと読む)という職業がなんなのかも知らず踊っていた。

むろん、小学生2-3年生に遊郭のことなんかわかるわけもないが、花魁(おいらん)の横にいる付き添いの少女のことである。

吉原の郭の前で正月、幼い禿が自由時間に羽根つきをする様子を踊る。


衣装がきれいで結構うれしかったものだが、舞台の時は支度が恐ろしく大変だ。床山さんというのかな?その人の前に座って、お化粧とかつらを付けてもらう。

頭にぐるぐる羽二重(はぶたえ)というのを巻くのだが、顔をできるだけ突っ張って、のりのようなべたべたしたもので貼りつけるようにする。

(歳をとった時代劇俳優が、洋装で出てきた時、一気に老けて見えるのは、かつらをつけるときにそうとうリフティングしているからだと思う。) 

顔には、最初に固いワックスのようなものを手でごしごし刷りこむのだが、それが本当に痛いのだった。

そののち、水で溶いた白いうどんこのようなものを顔に塗りたくる。(ドーラン)
顔は、まるで布でできたお人形のような皮膚になり、ちいさな紅をさしてもらうと、
自分の面影がまるでない、全くの別人に。
 
おしゃべりの伝六と呼ばれた私は、チビのくせにませていて、床山さんの前の座布団の上に座りながら、
「私はだれそれ君と結婚するつもり」 だの、「三々九度は同じ杯で飲むからきたないからやだ。ウエディングドレスがいい」だのしゃべりとおし、

「べにをさす時はだまって」としかられた。

プラス、大人の噂話をわかりもしないでペラペラしゃべったので、それも後で母親に叱られた。

 

私は生まれたてのとき、舌の裏が下あごについていたので、チョンとお医者さんが癒着部をハサミで切ったそうだ。アカチンをつけて母のいる産室に帰ってきたらしい。

「あんたのおしゃべりはそのせいだよ」とおばにも言われた。

ええーっそうだったのか!

 

 100929祇園.jpg

 

これは短い。

「祇園小唄(ぎおんこうた)」という、舞妓さんの踊り。


この舞台はたぶん、小学校の4年生くらい。


「月はおぼろに東山~」からはじまる、軽い演目だ。


ぽっくりを履き、妻を帯に挟んで傘をさして登場、途中ですそをお引きずりに伸ばしたり、それでも3場くらいはあった。


だらりの帯もきれいな、水色のお衣装だったっけ。


  月はおぼろに東山

  霞む夜毎の かがり火に

  夢もいざよう 紅桜

  しのぶ思いを 振袖に

  祇園恋しや だらりの帯よ~♪


とにかくおけいこ不熱心だったから、本番までに覚えられるのがこれしかなかった、というのが真相。


しかも、どの写真もみんな目をつぶっているように見える。


母親に、「床を見ると、眠っているみたいだから絶対見ちゃダメ、客席の上の方を見なさい」


と口がすっぱくなるほど言われていたのに、やっぱり下を見ていたようだ。


 


あしたに続く・・・。

 

 

 

 

 

▶ パルファンサトリ 日本の香りを楽しむ 茶壷香水「さとり」

 

菊尽くし-日本舞踊①

100929菊尽くし.jpg

人間の記憶というものはあてにならないものだ。

菌類の匂い キノコ

マシュルーム キノコ.jpg

今は除菌ばやりで、菌類の匂いというと、ネガティブなイメージがあるかもしれない。

 

3D映像と本読む楽しみ

| コメント(2)

100926ロミオとジュリエット.jpg 

 

さとり「今は大忙しで、本をよんでるひまがないっちゃあないのだが・・・。」
よいち「いい歳してロミジュリですかい?」
さとり「おまえのその言い方が、すでにおやじっぽいよ」
よいち「はあぁ、あのオリビア・ハッセーも、還暦まぢかでやんスからねえ」

 

バンディ Bandit ロベルト・ピゲ

100925Bandit.jpg

 

☆ 香水名 バンディ(Bandi)

☆ 発売年 1944年

☆ 香調 タバック レザー シプレ

☆ パフューマー   ジェルメール・セリエ

☆ ブランド   ロベルト ピゲ (ROBERT PIGUET)

 

手前にある小瓶は、古いバハリのボトル ロベルトピゲ

 

 

 パルファンサトリ所蔵コレクションより

フラカ ロベルトピゲ fracas de ROBERT PIGUET

100924FRACAS.jpg 

エレベーターの中に残っていたチュベローズの匂い。

 

アクエリアン・タロット つづき

100922タロットスペード.jpg

タロットカードは、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚から構成される。

 

AQUARIAN TAROT 昔のタロット

100922タロット箱.jpg

とってもいい物を見つけた!と思ったのだけど・・・。
先月の古い家の整理の時に、トランプなどと一緒に出てきた古いタロットカード。

本読む楽しみ

100920本やノミの市2.jpg

 

若い時にしかできないこと、歳を取るほどに楽しめるもの、趣味もいろいろある。

 

古い革製の小箱

100917革製の小箱.jpg

7×5×2.5センチくらいの、古い小箱。

野生のにんじん

100916野生のニンジン.jpg

本のあいだから出てきた、野生のにんじんの花。

 

爽やかな秋の風が

100915パリの紅葉.jpg

いま、夜になって、さーさーと音がするような雨が降っている。

 

 

舞扇 五條流

100914舞扇2.jpg

ひどく懐かしいものが出てきた。
日舞のお稽古で使っていた扇子だ。

村上開新堂のクッキー

100913村上開新堂.jpg

お遣い物が余ったから、一つあげようか?

薔薇物語 ジェフリーチョーサー

100912薔薇物語hyousi .jpg

これは、ストーリを楽しむと言うよりも、詩的な言葉を味わうような物語。
13世紀に書かれた、有名な恋愛作法の本だとか。

胡蝶蘭 ファレノプシス

100910ファレノプシス.jpg

これは、小ぶりの黄色い胡蝶蘭。

ジェラール・プーレ&中澤きみ子 ヴァイオリン・デュオ・リサイタル

| コメント(2)

100907バイオリン.jpg

美しい音に酔いしれて、中休憩へ。
シャンパンを手に、「よかった~!感動した~」とツレのL子ちゃんときゃっきゃ言ってしまう。

真夏にカレー「ノールド クダン NORD KUDAN」

100905電燈.jpg

なんで、カレーの記事なのにこの写真?
ここ、市ヶ谷「ノールド クダン」の天井中央に下がっているアンティークなライト。
 

浅草 追分

100905追分.jpg

おでん、お多福のすぐ前に、津軽三味線を聞かせてもらえるところがあると言うので、ちくとおでんと熱燗をやったあと、最終開演に合わせて店をでる。

浅草 浅草寺から「追分」まで

100904浅草寺.jpg

この日は、浅草の大きい提灯の前で7時集合であった。

 

浅草 どぜう

100904どぜう.jpg

というわけで、その日、一軒目はどじょうを食べにいったのだ。
(昨日の続き)

浅草 お多福 おでン

100903お多福.jpg

暑気払いということで、うまいものを食べに、浅草通(ツウ)の粋なお殿様に連れて行っていただいた。
「どぜう」を軽くやっつけて2件目、このクソ暑い中、おでんに行こうじゃないかということで、お多福へ。

あかまんま イヌタデ

 100901あかまんま2.jpg

あかまんまをみると、夏の暑い中にもなんとなく秋の訪れを感じるものだ。
やはり、季語は初秋なのだそうだ。

 

 

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ