Parfum Satori

2009年11月アーカイブ

スーザンボイル 翼をください

091130スーザンボイル.jpg

ユーチューブで視聴された3億回のうち、最低300回はこのPCで再生されたと思う。

 

 

オレグ・クリサ ヴァイオリンリサイタル

091129オレグクリサ.jpg

 

オレグ・クリサさんのバイオリンリサイタルのチケットを頂いた。

 

吉岡 耕二 色彩の旅 東急Bunkamuraギャラリー 

 091128吉岡耕二.jpg

吉岡耕二さんの東急文化村での個展は10回目になる。

ムスク 麝香(じゃこう)

091127ベットリネン.jpg

ムスクは、洗いたてのリネン類の香りであると同時に、香水のラストノートを作る重要な素材である。

飛行機雲

091126飛行機雲.jpg

足早に歩く夕方、

香りと踊ろう

091124香りでダンス.jpg

頬が触れるほど近づいたとき、うなじからいい匂いがしたら。

 

パリ クリスマスイルミネーション

091124パリクリスマスギャラリー.jpg  

 パリでは今日、早くもクリスマスイルミネーションが点灯されたそうだ。

加齢臭と呼ばないで その2

091123ペタング加齢臭2.jpg

アラフォーから、男女を問わず加齢臭の原因ノネナールは発生する。

 

 

加齢臭と呼ばないで その1 <2-ノネナール nonenal>

091124ダンス加齢臭と呼ばないで.jpg 

香料の素材は、いいにおいとは限らない。

メロンの香り cis-6-nonenal シス6ノネナール

 091121cis-6-nonenalp.jpg 

シス‐6‐ノネナール(cis-6-Nonen-1-al)は、強いメロンの香りがする。

「シスー6ーノネナール」は、「ノネナール」と言っても、中高年者特有の体臭の原因となる「加齢臭」(2ーノネナール)とはまったく別のにおい。

 

 

香水の絵本 Louise de Vilmorin ルイズドビルモラン

091120vilmorin1.jpg

グラースの香水博物館に行った時、ミュージアムショップで可愛い絵葉書を見つけた。
ポエムがそのまま花の絵をかたどっている。

どこかで見たような・・・?
日本に帰ってきてから、洋書の本棚を探してみた。

取材記事掲載 朝日新聞fashion欄

091119.jpg

「さとりさま、エアーフランスのラウンジではフィガロの上に乗りましたねえ」

Little Friends in South of France

091114くも.jpg

A little guest pass over the formula
he has quicken his steps.

 

 

continue click here

揚最中 中里

091117あげ最中p.jpg

「よーいーちー。こんな寒い日は、熱いそば茶とあんこものが欲しいねえ。」

 

ランバン アルページュ/ LANVIN ARPEGE

アルページュ.jpg 

 

アルページュは、音楽用語の「分散和音(アルペジオ)」の意。

 

ラ・フランス(洋梨)のかおり

091115ラフランスp.jpg

洋梨は香りが良い。

南仏の小さいともだち 44

091114くも.jpg

小さなお客さんが処方箋の上を横切っている。
忙しく足を動かして、

Patisserie Sadaharu Aoki

091113aoki.jpg

サダハル アオキのケーキを頂いた。

パッケージが洗練されていて素敵。

 

香りを追いかけて

091110bottlep1.jpg

しっかりと栓を締めても、香りは少しづつ少しづつ逃げていく。

 

どんなに大切にしていても
思い出が時とともに褪せていくように。

 

Calone カロン

091111ハワイの海.jpg

 マリングリーン。生牡蠣や、きれいな海岸に行ったときに感じる、

上空から サン・ポール・ド・バンス 43

091109 サンポール.jpg
 
上空からサンポールの街を見たところ。
2004年開催の世界調香師会議でもらった、コートダジュールの写真集を何気なく見ていて発見した。

おおっ、
 

Reminiscence

091110bottlep2.jpg

"If only there could be an invention,"

 I said impulsively,
"that bottled up a memory,like scent.
And it never faded, and it never got stale.
And then, when one wanted it, the bottle could be uncorked,
and it would be like living the moment all over again.

                                                                            from "Rebecca"by du maurier

或る香水の使い方

091109ビーナス2.jpg

香水は私に色をつける。
あるときは自分のためにだけ、ルールを離れて顔の近くにつける。

 

イランイラン,Ylangylang

091109香料イラン.jpg

非常に強いフローラルで残香もある。

 

サンダルウッドやオポポナクスなどのウッディ、バルサム、レジンや、チュベローズ、ガーデニアベースなど、甘く重い香料とともにオリエンタル系によく使用さる。


シャネルの5番はアルデヒドタイプだが、イランイランを効果的に使用したことで有名。

学名はCANANNGA ODORATA 分類はバンレイシ科カナンガ属。花を水蒸気蒸留法で抽出する。(少ないが溶剤抽出もある)原産はフィリピン、マニラ、マダガスカル、ユニオン島、主産地は東南アジア


抽出は20時間前後かけて行い、最初に採れたのをイランイランエクストラ(Extra)と呼び、高級な香水などに用いられる。その後はGRADE-3まで、4つに分類される。



イランイランというのはマレー語の「花の中の花」という意味。「貧乏人のジャスミン」などという不名誉な名前が付けられたこともある。


高い木に黄色い花が房下がるように咲く。東京では東京都薬用植物園(小金井)の温室で見られる。


 



▶ 花事典 イランイラン:バンレイシ科 イランイランノキ属

 

▶ ユーチューブ動画  南仏の花と香り グラース


 

ジャスミン調のフローラルだが、ジャスミンに比較すれば安価ではあるものの、天然香料全体から見ればけして安くはない。


in reverse gear

091109shadow.jpg

I wanted to go back again,
to recapture the moment that had gone,
even the sun would be changed in the sky casting another shadow ...

...There was something chilling in the thought ,
something a little melancholy,
and looking at the clock I saw that five more minutes had gone by...

                                                                                 from "Rebecca"by du maurier

太巻き

091106久兵衛の太巻き.jpg

10月10日の記事から続く、
ある日の与一

工具の魅力 41

091105市の道具2.jpg

使い込んだ古い道具、とりわけよく手入れされた工具には惹きつけられる。

いつもの朝は野菜や果物、生花の市場なのだが、

坂の上には 40

 

091104階段.jpg

この道を抜けて

あの角を曲がったら

どうなっているのだろう?

 

 

冬の到来-2

 

091103メルボルンの冬.jpg

一方で、苦痛にどう対処するかの研究が心理学でされていて、
冷水を使った実験があるそうだ。

冬の到来

091102木枯らし.jpg

今朝から急に気温が下がり、冬の到来を感じる。

寒いのは辛いし、風は冷たくて痛い。
だから、冬が近づいて来ると少し憂鬱な気持ちになる。
そんなときこそ、寒い頃に出会った楽しい思い出を記憶から取り出してみる。

例えば。

殻付き焼きアーモンド

kuri almond2.jpg

 

昔、デパートの帰りに母はよく天津甘栗(てんしんあまぐり)を買ってきてくれた。

私はまだ小さくて、皮に爪を立てることができず歯で噛んだりしたが、栗は二つにちぎれてしまい上手に剥けなかった。兄弟でコタツに入って、一袋を食べきるのにはずいぶん時間がかかったものだ。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ