Parfum Satori

2009年10月アーカイブ

うさぎまんじゅう

usagi.jpg

 

「与一や、こんなにかわいいうさぎちゃんを食べてしまうのは可哀そうだね。モグモグ」 

ミスディオール 千鳥格子

ミスディオール.jpg
 
 
千鳥格子の柄に包まれた、ディオールの最初の香水、Miss Dior(ミスディオール)。パッケージデザインは、いま見てもむしろモダンで洗練されている。
この名前は、第二次大戦後、パリに大挙して訪れるようになったアメリカ人を、フランス人が皮肉ってつけられたネーミングだと言われる。

 

巨大な梨 ナシ

 

091028なし.jpg

 

巨大な梨。

昔から梨は疲労回復や、解熱、去痰作用があると言われ、民間療法などにも使われきたそうだ。のどの渇きにもいい。

Maybe scent is ...

Maybe scent is beautiful because it's invisible .

When we are smelling a scent,
we close our eyes and take a trip to look for the beauty behind it.

                                       satori

 

 blog invisible.jpg

 

 

秋の夜は長く深く

091026夜.jpg

 

思索の秋とはよく言ったもので、日が短くなり早々に暗くなってくると、なんとなくもの思わしげで、自分の内側に目をやりたくなる。

トリュフ卵 Oeuf a la coque

091025レペトワ.jpg

 

キノコに代表される菌類の、少し乾いて湿った不思議な匂いは私の好きな香りだ。マシュルームノートという。懐かしさと温かさがある。香水の隠し味にもよく使う。

海の香り ヨットレース その2 39

091020海岸1.jpg 

海のにおい。

爽快なグリーンを薄く薄くして、ほんのり海藻のような塩辛さがある。「とびきり新鮮な生カキを呑みこんだ時にのどの奥から鼻に抜ける香り」を薄くしたような。

PANERAI Classic Yachts Challenge -その1  38

091023ヨット1.jpg
 
9月、フランス滞在中にカンヌでヨットレースがあった。

 

時計の「パネライ」がメインオフィシャルスポンサー。ヨーロッパ各地から由緒ある大小たくさんのヨットが集まる

画材店 セヌリエ 37

091022セヌリエ 1.jpg

 

セヌリエはルーブル美術館の対岸、パリ左岸にある画材店だ。1887年に設立してから140年ずっとここでお店を開いている。

巨大アップルパイ 

091021巨大アップルパイ.jpg

こんなに大きなアップルパイを頂いた。巨大バナナも笑ったけど、どうして大きいものって愉快なのだろう。
(比較のマグカップは大きめで、デミタスじゃないのだ)

地中海を望む 36

091020櫓1.jpg

 

怖いー。

もう、足がガクガク。
ひとりなのに、思わず声に出てしまう。

グラースの花・香料植物 35

091019ラベンダー.jpg

季節はずれの遅咲きのラベンダー。ちょっとトロイところがなんかいじらしい。

Roseのシャンパン 

 
091020バラノシャンパン3.jpg
 
今や東京で買えないものはない。
というくらい、たくさんのおいしい食べ物、飲み物、オシャレな雑貨などが輸入されている。

 

南仏の食 マルシェ(市場) 34

091017市場1.jpg

 フランスの懐の深さは、やはり食にあると思う。

「星の王子様」と日没 33

091016日没1.jpg

 

「ぼくは日没がとっても好きなんだ。日没を見に行こうよ」

プチ・プランスは寂しくなると日の沈むのを見に行くのだった。1日に44回も見たこともある。彼の星はとても小さくて、わずかに椅子を引くだけでいつでも日没が見れるのだった。

「それじゃ、1日に44回も寂しくなったのかい?」

 
 

満ちていく月 カンヌからパリへ 32

091015三日月1.jpg

カンヌでの初めの1週間は連日嵐が続き、雷と豪雨の音に不安な夜を過ごした。
朔(さく)を過ぎて、南仏の穏やかな気候が戻り、日の入りとともに現れる美しい月の形に心をとらわれた。 日ごと月の出は遅くなり、大きくなり、夜空にぽっかりと浮かんだ。
古来、月を船にたとえた気持ちがよくわかる。 自分の運命はどこに運ばれて行くのだろう。

繊月(せんげつ)

カンヌの空と光と太陽と 31

091014夕焼けぞら1.jpg

カンヌの空があんまりきれいだから

パリの風景  ガンズブール 30

 

091013gainzboure2.jpg

 

パリの真ん中に、こんな落書きの壁があるとは!
ちょっとショックだった。が、ここは有名な「Gainsboure」の昔住んでいた家(たぶん歌手のSerge Gainsboure)だそうで、世界中のファンが来てメッセージを書くんだそうだ。

The sense of beauty

091016夕焼け4.jpg

 

We lived in different places, grew up in different cultures,

and have seen different things.

But with the sense of beauty,

we can discover the real essence hidden behind an object.

 

continue click here

 

パリのお店 29

 091011balletty1.jpg

10月のパリ。

かわいさ、オシャレ度ではだんぜんサンジェルマン デプレが好き。というか、もう右岸、とくにシャンゼリゼ界隈には用があるとき以外寄りつかない。探究心が湧かないのだ。

日本でお寿司

091010sushi1.jpg

「与一や、日本のすしはやはり・・・」

 

 

シャルルドゴールから成田へ 28

091010aiefra2.jpg

「成田にのエアーフランスラウンジに比べれば、シャルルドゴール空港のエアフララウンジは立派だね」
「さとり様は食いしん坊ですからね」

「何言ってんだい、オフィス機能だって充実してるのをご覧よ」 

The memories in a precious box 27

 091016青紫の空.jpg

 

When there is an intention,it is not usually very pleasant .

When we take a picture,

 and we care too much about the public eyes ,

the picture often ends up being a disappointment.

 

continue click here

パリ発・ニッチフレグランス・ショー

091004ニッチ会場2.jpg

10月2日~5日、パリでニッチフレグランスのエクスポジションがありました。

パリでおソバ フランス便り 26

091012en 1.jpg
 
食べ物のことばかりでなんなのだが、パリでお蕎麦屋さんに行った。

 

パソコンが壊れて 南仏便り 25

091007ブラックアウト.jpg

「オー・ララー?!(おやまあ)」
「親分、てえへんだ」
「親分じゃないでしょが!」

パリ、あい田にて フランス便り 24

  ソニアリキエル.jpg

夜、食事に行く途中、ソニアリキエルのソワレに遭遇。人だかりがすごい。

 

カンヌからパリへ フランス便り‐23

091009カンヌ駐車場1.jpg

 

「ルノー、プジョー、シトロエン。ここの駐車場も最後ですねえ」
「タフなフランス車に混ざってお前もよくやったよ」
「乗りごこちのよさじゃ負けてられませんです、はい。」
「ここじゃこの車も外車だからね」

宝飾店ワインの夕べ 22

 

091008カンヌ宝石店ジュリアン1.jpg 

 

 10月初めの南仏の夜は、まだ爽やかで心地よい。
パリへ発つ前夜、ワインの夕べというパーティーに誘われた。

 


 

ベストカンパニー 南仏便り21

091001工場.jpg

 

たびたびこちらの会社には訪問しているが、こんなに長い滞在は初めてだ。

仕事の合間に、いろいろなところに出入りさせてもらい、気の向くままにシャッターを押した。
私にとっての面白いとか、好きだと思うシーンばかりだ。

 

 

グラースのオフィス 南仏便り 20

091001office1.jpg

 

環境のよさは自然がいっぱい、というのにとどまらず、オフィス環境もとてもいい。
一人当たりのスペースは広く、この部屋は4人で使っている。↑

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ