Parfum Satori

バスフレグランス

090304バスフレグランス2.jpg

お花屋さんに勤めている友達のバスタイムは、この職業ならではの贅沢なもの。

バラのアレンジをたくさん作る日には、作業中、花首が折れたりしてロスがでる。それをどっさりもらってきて、バスタブに浮かべるのだそうだ。
大小さまざまなバラの中につかっているうちに、つぼみがお湯の中でゆっくりと開きはじめ、体のこわばりも一緒にほどけていく。手は荒れるし、かなりの重労働、みた目より厳しい花の仕事も、「それだけは役得だな」

そんな恩恵のない私達も、精油(天然の植物性香料)を使って、さまざまな香りのお風呂を楽しめる。
最近ではいろんな店にたくさんの種類がそろっていて、私がアロマセラピーの店をやっていた頃と違い、入手が簡単になった。
例えばちょっと奮発して、「金」より高価なバラの精油。でも、わずか1ccが花1500輪分にもあたるので、一滴バスタブに入れればもう充分。それに、美容効果も高く、女性特有の体の不調もやわらげるので、使ってみる価値はある。
同じランクの精油で優雅なお風呂にするには、ジャスミン、ネロリ(オレンジフラワー)、カモミール・ローマンなどがある。それぞれ少しずつ効果も違うが、リラックスしたければ好きな香りを選べばいい。
より手頃に香りのお風呂を楽しみたい人は、やはり定番のラベンダー。肌への刺激もなく、安心して使える。気をつけなければいけないのは、肌を痛めたり、作用が強すぎたりして、入浴用に適さない種類の植物もあるので、ボトルの注意書きはチェックが必要だ。

さて、2 話目の今回、なぜ天然香料にこだわるか、である。
鼻から嗅いで安らぎを得る、というだけなら、天然、調合にかかわらず、好きな香りでいいので、その点はベッドフレグランスと同じ。
でも、入浴時には香料のもうひとつの道すじ、皮膚吸収がある。お湯に入れた精油は、肌からしみこんで体内に入る。だから、精油中のさまざまな成分が、直接身体に作用する。それは、活用したほうがいいと思わない?
お風呂の目的は身体を洗うためだけではないはず。懐かしいゆず湯やしょうぶ湯も趣(おもむき)があっていい。うんと、楽しむこと。
一生懸命仕事すればするほど、休息の時間は価値のあるものになり、充実した人生となる。

ああー、お風呂に入りたい。
ここのところ忙しくて、夜が白々とあけるまで家に帰れない。朝シャワーを浴びてとびだし、帰っては顔を洗うだけでベッドに倒れこむ毎日。一段落した今夜こそ、ゆっくりお風呂に入ろう。
こんなとき、私の選ぶのはヒノキ・オイル。そのまま数滴いれてもいいが、肌が滑らかになるので30gの重層も一緒にお湯に溶かす。木の香りのなかで、のびのびと手足を伸ばし、目をつぶって恍惚のため息をつくだろう。太古、先祖が森の中で暮らしていた時代の、細胞の記憶をたどりながら・・・。



2002/04 satori wrote

 

 

ブログ:「パルファンサトリの香り紀行」調香師が香りでつづるフォトエッセー

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ